サマータイムとは何?

サマータイムという言葉を海外旅行に行く際に耳にする機会がありますが、なんとなくしか知らないという方も多いのではないでしょうか。サマータイムとはアメリカなどの欧米を中心に導入された3月から11月の時期までを日の出時刻が早まる時間、サマータイムとして時計の針を1時間進めることによって、日の出の時間帯を有効活用する制度です。なおアメリカではディライトセーピングと呼ばれており太陽光を有効活用するという意味になっています。アメリカやヨーロッパでは3月から11月までの時期となっていますが、逆にオーストラリアやニュージーランドなどの南半球では10月から3月の時期まで実施されており事前にガイドブックなどで確認するようにしましょう。

サマータイムの注意点とは?

サマータイムは同じ国であっても採用していない州、地域もありますので注意が必要です。アメリカの場合、カリフォルニア州やアリゾナ州ではサマータイムを実施しませんので、アメリカ間の地域を移動する場合には時計を1時間遅らせなければならない場合があります。またサマータイム期間中は交通機関の発着時間、レストランやレジャースポットなどの営業時間も1時間のズレが発生しますので、事前に旅行のスケジュールを計画する際は、サマータイムへの配慮を忘れないようにしましょう。なおサマータイムの期間中は航空会社やツアーコンダクターなどが時計の針の調整を指示するケースがほとんどですので、安心して落ち着いて対応するようにしましょう。